2010年03月20日

京都御苑の出水の小川付近の梅・桃・桜(2010.3.20)

出水口から入って右手
(嘉陽宮邸跡の石碑)

出水の小川付近(梅は散っています)

 京都御苑の出水の小川付近の梅・桃・桜の様子を見てきました。 出水口から入って右手の《嘉陽宮邸跡》と書かれた石碑のあるあたりの梅はピークは過ぎた感じはあり、見頃から終盤という状態でした。
 そこから右手に歩いて、出水の小川付近の梅はほとんど散っていました。 出水の小川付近のその他の木は遅咲きの山桜なので4月の中旬から後半にかけて咲くと思います。
 出水の小川から道を隔てて、東側のシダレザクラはほぼ見頃の状態に咲いていました。 ここには多くの人が集まっていました。 シダレザクラの咲いていました場所この辺です。
 そこから北上して《梅林》《桃林》まで行きました。 《梅林》は散った梅もありますが、遅咲きの梅はまだ咲いていました。
 その先の《桃林》の方は見頃という状態でした。 桃の花は「紅色」「桃色」「白色」の色がハッキリとしている感じです。 「ひなまつり」の歌詞の中に「〜お花をあげましょ、桃の花〜」とあるので、3月の前半、梅よりも早く咲くのかと思ったら、梅の後、桜と同じ頃に咲くのですね。

出水の小川の東のシダレザクラは見頃

アップで撮影(だいぶ、咲いていますが、まだ、つぼみもあります)

ようやく、人が写らない写真が撮れました

《梅林》の石碑と梅の花

満開の梅もあります

《梅林》の立て看板と梅の花

《桃林》の立て看板と桃の花

桃の花は色がハッキリしています

白い桃の花のアップ

「紅色」「桃色」「白色」の桃の花

《京都護衛署》の中の桜

《平安の庭》の石碑

《京都護衛署》の中の桜の全景
《京都護衛署》の中の桜の全景



posted by 京都情報 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。