2010年03月18日

七条大橋の近くの桜は咲き始めから見頃に(2010.3.18)

《ヘイアンシダレ》の札のかかった桜

 七条大橋から少し下がった所にある《ヘイアンシダレ》の札のかかった桜が咲き始めから見頃という状態になっていました。 昨年も、この辺の《ヘイアンシダレザクラ》は早く咲いていました。 《ヘイアンシダレザクラ》の咲いていた場所はこの辺です。
 七条大橋から上の方の桜は何本か咲き始めの状態だったですが今回は写真を撮ってきませんでした。 これから七条大橋から五条大橋、そして、その後、五条大橋から四条大橋の間の桜が咲き始めます。これは「気温の差」によるものではなく、木の種類の違いによるもので、四条大橋あたりの咲き始めている桜の木もありました。

七条大橋と《ヘイアンシダレザクラ》
七条大橋と《ヘイアンシダレザクラ》

七条大橋と《ヘイアンシダレザクラ》

塩小路橋と《ヘイアンシダレザクラ》

鴨川の東岸の遊歩道(北の方向を見た所)



posted by 京都情報 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。