2010年03月10日

東寺の河津桜は見頃(2010.3.10)

東寺の東門を入ってまっすぐ西

 前回、東寺に行ってから2週間以上たっているので、《河津桜》はどうなっているかと思って立ち寄ってみました。 《河津桜》の場所は東寺の東門から入って、まっすぐ西の進んで《足利尊氏寄進鐘》の北東のこの辺です。
 《足利尊氏寄進鐘》の北東の《河津桜》と書かれた札がかかっている桜は見事に咲いていて見頃の状態でした。
 その東北隣のもう1本の桜は早くから咲き始めていたので、今日は盛りが過ぎた感じはありましたが、まだまだ、綺麗に咲いている感じでした。
 そして、前回は気が付かなかったのですが、《足利尊氏寄進鐘》の北西にも《河津桜》がもう1本あり、こちらも綺麗に咲いていました。

綺麗に咲いた東寺の《河津桜》と《足利尊氏寄進鐘》
綺麗に咲いた東寺の《河津桜》と《足利尊氏寄進鐘》

角度を変えて《河津桜》と鐘を撮影

《河津桜》の札と花

見頃の《河津桜》と右後に盛りを過ぎた感じの《河津桜》

盛りを過ぎた感じのある《河津桜》ですが

近づいてみると若葉で遠くから見ると色がくすんで見えていました

鐘の西北に咲いている桜

そんなに大きな木ではないですが

こういうアングルで撮影すると大きな木に見えるかも?

東寺の五重塔と何という鳥でしょう



posted by 京都情報 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。