2010年02月28日

《智恵光院》の枝垂梅は見頃(2010.2.28)

《智恵光院》の東門
《智恵光院》の東門

 《智恵光院》の枝垂梅がそろそろ見頃を聞いて立ち寄ってみました。 《智恵光院》と言えば「通りの名前」を思い浮かべる人が多いと思いますが、《智恵光院》という名前のお寺があります。 智恵光院に面していて、智恵光院一条を少し上がった西側のこの辺です。
 《智恵光院》の歴史については駒札を見て下さい。(クリックすると大きな画像で表示されます)
 《智恵光院》の境内に入ると本堂の左手前に枝垂梅があります。 枝垂梅は木の高さは2m余りで3mはなく、枝垂桜を想像して行くと「意外と小さい」という印象です。 散って地面に落ちている花びらもあり、今が見頃という所でしょう。 境内の枝垂梅は1本だけですが、ほんのり梅の香りも漂っていました。

《智恵光院》の駒札
門は閉まっていますが右から入れます

《智恵光院》の駒札

《智恵光院》の本堂と枝垂梅
《智恵光院》の本堂と枝垂梅

石灯篭と枝垂梅(石灯籠側にピント)

石灯篭と枝垂梅(枝垂梅側にピント)

《智恵光院》の本堂をバックに枝垂梅のアップ
《智恵光院》の本堂をバックに枝垂梅のアップ

色々な角度から枝垂梅のアップを撮影

枝垂梅の横に石のテーブルと椅子
枝垂梅の横に石のテーブルと椅子(散って地面に落ちた花びらも多いです)

智恵光院の鐘と枝垂梅と本堂
《智恵光院》の鐘と枝垂梅と本堂

《智恵光院》の境内の水仙 《智恵光院》の境内の水仙
《智恵光院》の境内には水仙も咲いていました



posted by 京都情報 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。