2010年02月03日

吉田神社の節分(2010.2.3)

東大路通から吉田神社に行く道
東大路通から吉田神社に行く道

吉田神社の1の鳥居(ここから渋滞)

 京都で節分と言えば吉田神社が有名なので行って来ました。 吉田神社の場所はこの辺で、東西南北から上がる道があるそうですが、今回は、一番、一般的な西側の東大路通から上がってみました。
 夜7時半頃に行ったのですが、すごい人出です。 東大路通から東に入る道は公道で、この辺は道幅も広く、まだ、スムースに歩けます。
 しかし、吉田神社の1の鳥居をくぐると参道の中央にも露店がならび、一方通行になるので渋滞となり、少しづつ前に進むものの、自分の意思で前に進む事はできなくなります。
 2の鳥居の先は露店はなくなり、階段になっていて、少し歩きやすくなります。
 階段を上がると「賞品陳列所」があり、その先に「抽せん券付福豆授与所」がありました。 最初、「賞品陳列所って何だろう」と思ったのですが、「抽せん券付福豆」を買えば抽選で当たる景品だったのです。 1つ200円で「縁起物」として1つ買いました。

一方通行で渋滞

2の鳥居の先は階段

賞品陳列所

「抽せん券付福豆授与」の案内

「抽せん券付福豆授与所」の様子

【動画】御神楽の舞

 「御神楽受付 3000円以上」とあり、何人かづつ、まとめて祈祷していました。
 「御神楽」の右手に本殿で参拝する人の行列が続いていました。
 他にも社殿はいくつかあり、まず、「豆茶を御接待いたします」と書かれた菓祖神社に行きました。
 全国の神々をまつる日本第一の霊場で、節分詣発祥のお社であります(創建室町時代)」と説明された大元宮に行きました。 大元宮の本殿の前には柱があり、この柱を触って参拝していました。

「御神楽受付 3000円以上」

本殿に参拝する人の行列

吉田神社の本殿

菓祖神社(豆茶を御接待いたします)

大元宮の鳥居

大元宮に向かう階段

大元宮の本殿

本殿の前の柱

本殿の奥

 帰りも多くの人で渋滞していました。 吉田神社の節分で感じたのは「人の多さ」と「露店の多さ」です。 山の上の方に露店を設置するのも大変でしょうし、「こんなに多くの露店業者がいるのだ?」というのも少し感心しました。 最後に、ちょっと目についた露店をいくつか紹介します。

帰り道も多くの人で渋滞

行列が出来きていた「たい焼」

回転焼1個80円
(これもデフレの影響?)

馬鹿デカイ佐世保バーガー
(1個600円)

posted by 京都情報 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140256841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。