2009年12月23日

矢田寺《矢田地蔵尊》のかぼちゃ供養(2009.12.23)

矢田寺《矢田地蔵尊》

かぼちゃ供養の行列

 矢田寺《矢田地蔵尊》のかぼちゃ供養に行ってきました。 毎年12月23日に矢田寺でかぼちゃ供養が行なわれますが、平成になってから天皇誕生日の祝日になっています。 休日に午前から出かける事はあまりないのですが「午前10時から先着千名」という事だったので、朝から出かけて午前10時半ごろに矢田寺に着いたのですが30人余の人が並んでいました。 矢田寺の場所は三条寺町を上がった3軒目の東側のこの辺です。
 行列に並んで10分余で境内に入れました。 境内に入ると線香か蝋燭をお供えして(これは有料で線香3本100円、蝋燭1本100円)、本堂の前では神社のように綱が下がっていて「鐘」と「ドラ(出航の時に鳴らすようなヤツ)」を鳴らします。 お寺なのか神社なのか迷う所ですが柏手を打っている人はいませんでした。
 出口で「焚いたかぼちゃ」と「ほうじ茶」を受け取ります。 これは無料ですが、みなさん、あらかじめ、お賽銭を多い目に入れているようです。
 寺町通に床机が用意されていて、そこに座ってかぼちゃを頂きます。 最初、かぼちゃの皮は残して食べたのですが皮も食べられたので皮もきれいに食べて 帰りました。 出口で「ほうじ茶」を受け取った時は「必要かな?」と思ったのですが、「かぼちゃ」を食べた後、口の中がパサパサするので、お茶が美味しかったです。

入り口の手前

線香か蝋燭をお供え
(これは有料100円)
本堂(上から鐘が下がっていて、横にはかぼちゃ)

本堂の両側にかぼちゃ(瓢箪型の鹿ヶ谷かぼちゃもあります)

出口で「かぼちゃ」と「ほうじ茶」を受け取ります

かぼちゃ2切れとほうじ茶

寺町通に置かれた床机でかぼちゃを頂いて帰ります



posted by 京都情報 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 12月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。