2009年10月11日

北白川天神宮の秋季大祭(2009.10.11)

【動画】お祭の行列の前半

【動画】お祭の行列の後半

《剣鉾》

 体育の日を含む三連休は京都のあちこちで秋祭りが行われていました。10月11日(日)は、まず、北白川天神宮の秋季大祭に行ってました。

 お祭の行列の撮影で難しいのは、一瞬で通り過ぎてしまうので「シャッターチャンスを逃す」「動画を撮影していると静止画が撮影できない」という点があげられますが、今回は休憩所付近で撮影できたので、休憩所の到着時と出発時の2回、撮影のチャンスがありました。

 到着時は動画で撮影したのですが、容量が大きすぎたので、2つに分割して紹介します。

 前半では、先頭の「太鼓」に続いて「剣鉾」、その後の三基のお神輿のうちの「本神輿」、後半では「女性神輿」と「子供神輿」が撮影されています。

 その後に「子供白川女」が続いていましたが、「子供白川女」は出発時の静止画で紹介しています。 お祭の行列を撮影した場所はこの辺です。


 休憩の後の出発の時、「剣鉾」を立てて行列が始まりました。 剣鉾を立てると電線や街路樹に引っかかるので、立てたまま長い距離を歩く事はできないので、(前半の動画でも撮影されている通り)到着する時も寝かせて歩いていましたが、出発時は立て歩き始めました。 しかし、街路樹に引っかかりそうになり、苦労していました。

 「子供白川女」が手に花を持っているのは、白川女が白川に広がる花畑の花を京の街で売り歩いた事に由来していると思われます。 現在でも現役の「白川女」は何人かいるそうですが、最近、ほとんど見かけません。

 何年か前にテレビで高齢の白川女が北白川からリヤカーに花を乗せてお得意さんの家を回り、下京区あたりまで来て、帰りは電話をすると軽トラックでお迎えが来て、リヤカーを乗せて帰る様子が紹介されていました。

《本神輿》

《女性神輿》

《子供神輿》

《子供白川女》



白川の手前に7軒の露店

北白川天神宮の鳥居

 その後、北白川天神宮にも立ち寄ってみました。 白川の手前に、左右7軒の露店が出ていて、露店はこの7軒だけで、人も少なく、わらび餅を売っているおじさんも子供とわらび餅の切り方の説明をしていて、のんびりとした雰囲気でした。

 白川を渡ると先に鳥居があり、鳥居には「天神宮」と書かれています。 その先に長い階段が続いていて、鳥居の先にも人も少なく、「今日はこの神社のお祭なのか?」と思うほど静かでした。 階段を上がると舞殿と本殿があり、ここも人は少なく、お祭の時によく飾られている提灯も特にありませんでした。

 北白川天神宮は、足利義政の別荘である銀閣寺に向かう際、銀閣寺近くで、必ず、馬が暴れることから、都の鬼門の方向であり、山中越えの入り口でもあるここに足利義政により文明年間に造られたそうです。 北白川天神宮の場所はこの辺です。

鳥居の先に続く長い階段

階段の先に建物

階段を上がると舞殿

北白川天神宮の本殿



posted by 京都情報 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。