2009年09月26日

八瀬の散策レポート《エクシブ京都八瀬離宮に宿泊》

エクシブ京都八瀬離宮

 エクシブ京都八瀬離宮に宿泊してきましたが「ホテル近くの食事処」についての問い合わせもあったので、今回は食事処も含めて八瀬あたりの散策レポートとして紹介したいと思います。 時間は前後しますが、項目別に紹介します。

【エクシブ京都八瀬離宮】
 エクシブ京都八瀬離宮に宿泊した様子は、こちらこちら紹介していますので簡単に写真を紹介しておきます。 ホテルの場所はこの辺で、一応、会員制のホテルなので宿泊する時は会員の紹介が必要です。

宿泊した部屋

和室(畳ではなく絨毯)

液晶TVと椅子

パソコン用LAN

バスルームはガラスの扉

トイレはセパレート

オープンキッチンのシェフ

オープンテラス

温泉大浴場

高野川の鉄橋を渡る叡電
(シャッター速度80分の1秒)

【叡山電車】
 前回、写真を撮れなかった叡山電車の写真を撮ってきました。 この先の八瀬比叡山口駅には、通常、1時間に3本は電車が発着しているので、到着と出発で平均10分間隔で電車が走っており、10分程待てば、次の電車が来る事に後で気がつきました。
 電車の音がしたので急いでシャッターを切るとシャッター速度が80分の1秒で電車が少しブレて写ってしまいました。 そこでISO値を「オート」から「400」に変更して待っていると7分後に折り返しの電車が来たのでシャッターを切ると今度は500分の1秒で撮影できました。 これで満足して駅舎の方に行ったのですが、後で考えると、もう少しアングルの違う写真を2〜3枚、撮っておいても良かったです。
 八瀬比叡山口駅の駅舎は専門的にどういう名前がついているのか知りませんが、小さな駅なのに電車の部分にもドーム型の屋根がついていてレトロな感じがします。 八瀬比叡山口駅に午前7時半ごろに到着の電車を見ていると降りたのは4人で、4人ともエクシブ八瀬の社員専用入り口の方向に歩いて行きました。

高野川の鉄橋を渡る叡電(シャッター速度500分の1秒)

このトンネルをくぐって
駅舎に行く途中
電車が来たので撮影

先ほど、到着した電車と
八瀬比叡山口駅
駅舎を反対側から撮影

八瀬比叡山口駅の出入り口


八瀬比叡山口駅の時刻表

高野川にかかる木の橋

【高野川と木の橋】
 八瀬比叡山口駅の前の高野川と木の橋のレポートを少しします。 この橋は叡電八瀬比叡山口駅から叡山ケーブル八瀬駅に行く橋で、木の橋なので車は通行する事はできません。
 橋を渡って北側に行くと八瀬比叡山口駅の前から高野川に降りる階段が見えたので行ってみました。 高野川に降りる階段は2つあり、西側の階段は石垣の石が3段飛び出しているだけで少し怖いですが、東側の階段は普通の階段です。 河原で水遊びもできるようになっています。

橋を渡って北側から撮影

向こう岸に高野川に降りる階段

高野川に降りる東側の階段

河原で焚き火をした跡?

高野川の河原から木の橋を見た所


《わらび茶屋》午後7時前には閉店


【わらび茶屋】
 次は八瀬近郊の食事処の散策レポートです。到着した日の午後7時前にも叡電八瀬比叡山口駅から叡山ケーブル八瀬駅あたりの散策をしたのですが、午後7時には日は沈んで、お店の灯りもなく、真っ暗で、開いていそうな飲食店はありませんでした。
 翌朝、お昼の12時前に行くと叡山ケーブル八瀬駅の《わらび茶屋》は営業していました。《わらび茶屋》のHPがありましたが、営業時間は午前11時から午後6時まで(冬季は午後4時まで)だそうです。

《わらび茶屋》昼12時ごろに行くと営業中


食事処《あざみ》

【あざみ】
 木の橋を渡った右手に、食事処《あざみ》があります。 到着した日の午後7時前には《あざみ》も電気が消えていて営業していませんでした。

 翌朝、ゆっくり見ると、池の前に床があり、この時も池に赤い小さい花が咲いていましたが、春には桜、秋には紅葉が楽しめるそうです。 《あざみ》のHPによると、営業時間は午前11時半から午後4時半までだそうです。

《あざみ》池の前の床


《八瀬 京もみじ》のメニュー


【八瀬 京もみじ(閉店しました)】
 叡山ケーブル八瀬駅の横には《八瀬 京もみじ》がありました。 到着した日の午後7時前に行った時にはお店らしい様子はなく、普通の民家かと思ったのですが、後でHPで確認すると午後5時から10時まで営業していますが『要予約』となっていました。

 店頭にメニューが張り出されていましたが、1000円から2000円程度のもの(「煮込みうどん膳1000円」「おひるごはん膳1200円」「おひる京豆ふ膳1500円」「おひる国産鉄板焼膳2000円」など)もあります。

 お昼は12時から午後3時までの営業で、詳しくは《八瀬 京もみじ》のHPを参考にして下さい。

《八瀬 京もみじ》


《平八茶屋》

【平八茶屋】
 叡山ケーブル八瀬駅の北に《平八茶屋》がありました。 到着した日の午後7時前に行った時は叡山ケーブル八瀬駅から引き返したので、その先にお店がある事に気が付きませんでした。 後で《平八茶屋》のHPで確認すると創業は安土桃山時代で若狭街道の街道茶屋として営業を始めて創業430年との事です。 「幕末の頃には、勤王志士の会合場となり、新撰組に嫌がらせを受け、母屋の入口に、その時の刀傷が残っている」などの歴史的な話しも紹介されていました。
 店頭のメニューを見ると「鰻丼1500円」「とろろ膳1500円」からあります。 営業時間は午前11時半から午後9時半まで(ラストオーダー午後7時)となっていたので、こちらも夕食は予約した方が良さそうです。 詳しくは《平八茶屋》のHPで確認して下さい。

《平八茶屋》の店頭のメニュー

《平八茶屋》の建物

 最後に、八瀬近郊の観光地図とお店や社寺の案内が、こちらにあるので参考にして下さい。 「エクシブ京都八瀬離宮」も名前だけは紹介されていますが、案内は何もありません。
 他にも書きたい事はあるのですが、かなり長くなったので、そろそろ、終りにしたいと思います。 帰り際に、八瀬比叡山口駅の前で、お漬物や手作りおはぎを売っていたのでおはぎを1パック買って帰りました。天気の良い日はだいたい店を出しているという事です。

八瀬比叡山口駅の前で売っていた「手作りおはぎ2ヶ入 350円」

【追記−紅葉の瑠璃光院はお勧め】
 エクシブ京都八瀬離宮から木の橋を渡って徒歩数分の所(場所はこの辺)にある紅葉の時期の瑠璃光院はお勧めです。紅葉の時期は例年なら11月後半でしょう。

《おまけ》瑠璃光院の紅葉<2010.11.23 撮影>



posted by 京都情報 at 21:35 | Comment(1) | TrackBack(1) | 散策レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回はエクシヴ八瀬に泊まりました。景色も内部の仕様も食事もすてきでした。
今回は瑠璃光院に行きます。
食事処が知りたかったので参考になりました。
Posted by とっとこ at 2010年03月30日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

京都 ホテル宿泊体験に関するブログ記事一覧
Excerpt: 高級ホテル宿泊記リンク集 リッツカールトン 大阪ほか高級ホテルの宿泊記 2...
Weblog: 京都観光とグルメのガイドブログ
Tracked: 2009-11-01 23:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。