2009年10月04日

北野天満宮のずいき祭(2009.10.4)

鳥居の前の獅子舞

鳥居の前を通る御鉾

 北野天満宮のずいき祭の還幸祭(御旅所から北野天満宮に戻る行列)を見に行ってきました。

 巡行予定表では北野天満宮に午後4時半に到着という事だったので4時20分ごろに行くと、予定より早く到着したようで、獅子舞が鳥居の前に来ていました。 その後、お祭りの行列が続きましたが、後で巡行予定表と写真を確認すると《御羽車童子供奉》は通っておらず、途中で境内に戻ったのかも知れません。

 また、後で巡行予定表を確認すると《ずいき祭》の名前の元となった《ずいき神輿》は、この行列より30分くらい前に通って御旅所に戻ったそうで、《ずいき神輿》も見ていません。 この《ずいき神輿》を中心とした西ノ京を始めとする氏子の祭りは室町時代には行なわれていたそうです。 《ずいき神輿》は、毎年、昔話などを題材にして趣向をこらした違う飾り付けをしているそうで、来年はちゃんと見たいと思います。 還幸祭の行列を撮影した場所はこの辺です。

八乙女先達

皆燈講稚児裃

第一鳳れん

葱華れん

第三鳳れん

宮司・神職の馬車
今出川通の手前で解散

 その後、《宮司・神職の馬車》は今出川通まで行かず、その手前で馬車を降りていたので、境内の方に移動しました。
 楼門の所まで来ると人は多かったですが、露店は少なかったです。 ちょうど楼門に第三鳳れんが到着して、担ぎ上げて楼門の階段を上がる所だったので動画で撮影しました。
 その後、本殿の方に移動すると3つの鳳れんが到着すると一般参拝者は締め出して神事が行われたようです。 清明神社では行列の後の神事に一般参拝者が参加する事ができたのに、その辺は少し疑問に思いながら帰りました。

楼門付近

楼門に第三鳳れんが到着

【動画】第三鳳れんが楼門の階段を上がる所

本殿前に鳳れんが到着

3つの鳳れんが到着すると一般参拝者は締め出し



posted by 京都情報 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 10月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。