2009年09月07日

新日吉神社のご神猿

新日吉神社の鳥居(鳥居の前には狛犬)

新日吉神社の楼門

新日吉神社の拝殿

 新日吉神社(いまひえじんじゃ)には「狛犬」のかわりに「狛猿」がいるという事で行ってきました。 以前、このブログでも新日吉神社の《神幸祭:新日吉祭》を紹介しています。 新日吉神社の場所はこの辺で、東山七条を東に入った所にあります。

 鳥居の前には神社でよく見かける「狛犬」がいますが、鳥居をくぐり、境内を進むと、本殿の手前の階段を上がった両側に「猿(ご神猿)」がいます。 左側(北側)の猿は瞑想の表情をしていますが、右側(南側)の猿は歯をむいて怒っているような表情をしています。 右側(南側)の猿の横には「ご神猿御守りとして携帯電話の待ち受け画面にお入れ下さい。」という説明もあります。(時代の流行を取り入れたアピールです)

 京都御所や平安京の鬼門除けとして、《幸神社》や《赤山禅院》を建てた事は説明しましたが、新日吉神宮は、京都御所や平安京の鬼門除けとしては、かなり南で、方角が違います。

 新日吉神宮は、後白河上皇が院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、延暦寺の地主神・鎮守神として比叡山東麓の坂本に祀られていた「日吉山王七社(日吉大社)」を勧請(神仏の分霊を他の場所に移し、祀ること)したのが始まりです。 法住寺殿は、現在の三十三間堂あたりにありました。

 新日吉神宮は皇室からの崇敬も篤く栄えたが、応仁の乱(1467〜77年)などの戦火により社殿が荒廃、衰退した。その後、度々再建が行われて、現在の本殿は天保6年(1835年)に再建された建物です。 場所も転々としていて、当初は現在地から1kmほど南の今熊野瓦坂(智積院の南あたり)創建されたが、江戸時代になって豊国廟社が壊されたのと同時期に旧廟前に移り、さらに明治30年(1897年)に現在の場所に移っています。

本殿の手前の両側に猿(丸印の所)

左側(北側)の猿《瞑想の表情》

右側(南側)の猿《歯をむいて怒っているような表情》

左側(北側)の猿

右側(南側)の猿

ご神猿の説明



posted by 京都情報 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の鬼門封じの猿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。