2009年08月17日

おはぎの丹波屋 伏見店→大手筋店に店名変更

《おはぎの丹波屋 伏見店》

店頭の様子

 《おはぎの丹波屋 伏見店》は《四条南座前店》と共に、一時、店舗が少なくなった時も継続して営業していましたが、この辺に来る機会がなく、何年ぶりかで訪れてみました。 《おはぎの丹波屋 伏見店》の場所は「大手筋商店街」のアーケードの西の端から数十m西に行ったこの辺です。

 《伏見店》の最初の印象は「古い店の割にきれい」という所です。 《四条南座前店》は「古さ」が「雰囲気」をかもし出していますが、《伏見店》はリニューアルしてきれいにしている感じです。 また、他の店舗では、普通、店員は1人ですが、この時、《伏見店》には3人の店員がいました。 それだけ繁盛しているのかも知れません。

 売っている商品は、丹波屋の他の店とだいたい同じで、店頭では《ちぎり餅》を焼いていたので、これを2本(1本120円)を買いました。 こちらをクリックすると「おはぎの丹波屋」の他の店舗もいっしょにまとめて見る事ができます。

ちぎり餅2本 240円

おはぎ1つ 120円他

店内で作っている様子

《「おはぎの丹波屋」の店舗》の地図

より大きな地図で 「おはぎの丹波屋」の店舗 を表示


posted by 京都情報 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | おはぎの丹波屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。