2009年08月13日

御香宮神社(御香水)《京都のおいしい水 第11回》

《御香宮神社》の鳥居

《手水舎》
(「この水は水道水です」という注意書きがある)

 《御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ) 》は、国道24号線沿いのこの辺にあります。 電車なら京阪なら丹波橋駅か伏見桃山駅か、近鉄なら丹波橋駅か桃山御陵前駅から徒歩10分以内の距離です。

 平安時代の貞観4年(862年)に、境内から病気に効く香り高い水が湧き出た事から清和天皇が《御香宮》と名づけられたと言われており、徳川家代々の産湯にも使われた霊水です。 《御香宮神社》の《御香水》は明治時代に涸れましたが、昭和57年(1982年)に復活し、昭和60年(1985年)、環境庁の名水百選にも選ばれています。

 国道24号線から鳥居をくぐって境内に入ると、右手に駐車場があり、右手方向に歩いて行くと左手に手水舎がありますが、ここには「この水は水道水です。御香水は本殿向かって左側にございます。」という注意書きがあります。

 《御香宮神社》の境内を歩いて行くと本殿があり、本殿の左手に《御香水》がありました。 すでに大量に水を汲んでいる人が1人いて、次から次に水を汲みに来る人がいましたが、注ぎ口が2ヶ所あり、適当に譲り合っていました。
 水温は20.2℃ほど、pHは6.6ほどでした。気温は30℃位でした。 (pHは7.0が中性なので、やや酸性です)

《御香宮神社》の境内

《御香宮神社》の本殿

本殿左手の水汲み場

《御香水》水を汲みに来る人は多い


注ぎ口は2ヶ所


 《京都のおいしい水》についての注意事項などはこちら

 《京都のおいしい水》シリーズで紹介している判断基準を紹介しておきます。

・特に断りなしに2〜4リットル程度の水なら自由に汲んで持って帰れる。
・(お賽銭以外)特に料金はかからない。
・近所の人も水を汲んで持って帰っているという噂がある(飲用可を保証するものではありません)。

 従って、『名水』と言われている中でも『現在、飲用不可』となっているものがあるので、事前事後に調べて『飲用不可』とわかったものは除外しています。 しかし、ここで紹介したからと言って『飲用可』を保証したものではありませんし、「井戸水や湧き水は沸かしてから飲んだ方が良い」とも言われており、その様な注意書きがある場所もあるので、その辺も自己責任で判断して下さい。 また、拝観料を払わないと水を汲めない所も除外しています。

《京都のおいしい水》の地図

より大きな地図で 京都のおいしい水 を表示


posted by 京都情報 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都のおいしい水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。