2009年08月10日

《鳥羽離宮跡公園》(運動公園)

《鳥羽離宮跡公園》の入り口

《城南宮》の駒札

 城南宮に水を汲みに行くついでに、国道1号線を挟んで西南に《鳥羽離宮跡公園》があるという事なので立ち寄ってみました。 場所はこの辺です。

 『鳥羽離宮(城南離宮)』の事は《城南宮》の駒札に『平安時代の末、この地に白川上皇によって造営され』『承久3年(1221)年、後鳥羽上皇が城南流鏑馬の武者揃えと称して兵を集め、鎌倉幕府との間で承久の乱が起きたことは名高い』と説明されています。 《鳥羽離宮跡公園》にも説明の看板はありましたが、下半分が消えて読めません。

 公園としては「サッカーのゴールがある」「ジョギングができるコースがある」「ブランコなどの遊具があ」「池があり、池の中に鯉がいる」程度です。 公園の北側には離宮の築山跡の遺構と考えられる「秋の山」があり、頂上に大きな石碑が立っています。この碑は戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いを記念して、明治45年2月に立てられたものだそうです。

 《鳥羽離宮跡公園》という名前が付いていますが『ここに鳥羽離宮があった』という事で、特に「鳥羽離宮の遺跡がある」「鳥羽離宮を再現した」というものはないので、そういうものを期待して行くと期待外れに終わるかも知れません。

《鳥羽離宮跡公園》内の説明の看板
(下半分は文字が消えて読めない)
サッカーのゴール

ブランコなどの遊具

池と鯉

池と休憩所

広いグランド

鳥羽伏見戦跡碑

注意書き



posted by 京都情報 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都御所と離宮跡の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。