2009年06月17日

ラーメン藤 本店《麺のプロが作ったラーメン》

ラーメン藤 本店

店内はカウンター席のみ二十数席

シャツの背中に書かれた文字

 ラーメン藤は京都の主なラーメン店に麺を卸している近藤製麺の直営ラーメン店です。葱は「九条葱」、もやしは伏見が発祥の地である「みどりもやし」とこだわりがあります。

 「ラーメン藤 本店」の場所はこの辺で、地下鉄十条駅から南東の方向に歩いて数分で少しわかりにくいし、場所的には「良い場所」とは言えないです。 最近、良い場所に大きな店舗と大きな駐車場で目立つ店構えでチェーン展開してラーメン屋がありますが、「場所」ではなく、「味」で勝負する店の方が個人的には好感が持てるし、応援したくなります。

 店内はカウンター席だけで二十数席です。 「独特の味付けをしたメンマがお薦め」と聞いていたので《メンマ入りラーメン 700円》を注文すると4分程で注文のラーメンが出てきました。

 味の方は豚肉スープの醤油味でやや濃厚な味で個人的には気に入りました。 「ネギ」や「もやし」など、野菜もたくさん食べられるのでヘルシーです。 点数的には85点という所でしょうか?  《ラーメン 650円》でも良かったかも知れません。

 店内には店員は女性2名、男性2名いました。 店員のシャツの背中には「すみません と言う 反省の心」と書かれていました。 何か深い意味があるのでしょうか? 営業時間は11時から22時までで、木曜が定休日との事です。

《メンマ入りラーメン 700円》

完食です

メニュー

麺を茹でる釜

外から見た店内の様子

《京都のラーメン屋さん》の地図

より大きな地図で 京都のラーメン屋さん を表示


posted by 京都情報 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事処(ラーメン屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。