2009年04月12日

京都御所(出水の小川付近)の桜(2009.4.12)

出水の小川沿いの遊歩道
出水の小川沿いの遊歩道

 京都御所には「梅」「桃」「桜」などの木が植えられていて、桜の木も早咲きから遅咲きまで色々の種類の桜の木が植えられています。 早咲きのシダレザクラは今出川御門近くに多く植えられていますが、遅咲きの桜は出水の小川あたりに植えられています。 出水の小川付近の桜も「すでに散った桜」「散りぎわの桜」「満開の桜」「まだ、つぼみの桜」と色々な種類があり、長い期間、桜が楽しめるようになっているようです。 京都御所(出水の小川)の場所は この辺です。

《出水の小川》と《桜》
《出水の小川》が流れ出すあたりの《桜》

出水の小川沿いの桜

ピンク色の桜の花のアップ

白い桜の花のアップ

散りかけの桜

まだ、つぼみもあるピンク色の桜

出水の小川をバックに桜のアップ

満開の桜と青空

ぼんぼりのように丸く花をつけた桜
ぼんぼりのように丸く花をつけた桜

これは桜ではなく桃です

《車還桜》
《車還桜》

 「中立売御門」から「宜秋門」に行く途中(左手)に、見事な八重咲きの桜が咲いていました。 花弁が15枚ほどあり、おしべが花弁に変化したものという実に華やかな桜です。

 この桜は「車還桜」と呼ばれていて、後水尾天皇がその美しさに御車を引き返させた事から「御所御車返し」とも言われていて、京都御苑の名木の1つにもなっています。

京都御所《宜秋門》と《車還桜》
京都御所《宜秋門》と《車還桜》



posted by 京都情報 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の梅桜情報2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。