2009年03月28日

蹴上インクラインの散策ルートの紹介《桜の季節編》(2009.3.28)

地下鉄蹴上駅「出入口1番」

日向大神宮の石柱と鳥居

 蹴上インクラインの桜が咲き始めたので散策ルートと共に紹介します。 蹴上インクラインの上流から下流に歩いて南禅寺に行き、南禅寺から哲学の道を銀閣寺まで歩くコースが(特に桜の季節には)お薦めですが、今日は地下鉄蹴上駅から蹴上インクラインの上流から下流に歩くコースを紹介します。
 まず、地下鉄蹴上駅の「出入口1番」から出て、左手の方向(坂を上がる方向)に歩いて行くと、50mも歩けば左手に《日向大神宮》の石柱と鳥居があります。 ここを左に曲がって階段を上がって行けば《大神宮橋》があり、ここが蹴上インクラインの上流になります。
 《大神宮橋》から疎水のトンネルを撮影しましたが、小さな写真ではわかりにくいですが(クリックすると大きな画像で表示されます)、左手のトンネルの入り口付近の桜も咲き始めています。 地下鉄蹴上駅の場所はこの辺です。

階段を上がると大神宮橋
(左に曲がるとインクライン下流)

大神宮橋から右手方向を撮影
(左のトンネル付近の桜も咲き始め)

ベンチでくつろぐ観光客

 《大神宮橋》を渡って、さらに坂道と階段を上がって行くと《日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)》があります。
 《大神宮橋》の手前から左折して左の方に行くと、蹴上インクラインを歩いて下りる事ができます。 このあたりは噴水や石のベンチもある公園(蹴上の疎水公園)になっていて、下から上がってきた人が休憩できるようになっています。
 今回は、ここから蹴上インクラインを下の方に歩いて行きました。

蹴上の疎水公園の噴水と石のベンチ
蹴上の疎水公園の噴水と石のベンチ

公園から桜ごしに都ホテルを撮影

下にのびたインクラインのレール

蹴上インクラインの桜

桜の木の下を蹴上インクラインのレール沿いに歩いて降ります

 途中で絵を描いている人がいました。 絵を描いているだけではなく、1枚千円で売っていました。 千円なら高くはないので1枚買いました。
 南禅寺も桜の名所ですが、まだ、咲いていないでしょうから、今回は南禅寺には行かず、南禅寺橋まで行って、そこから戻りました。 蹴上インクラインの突き当たり(その先は疎水)の右手に「琵琶湖疎水記念館(入館無料)」があり、古い写真などが展示されているので、ここに立ち寄っても良いでしょう。、
 蹴上インクラインを上から下に歩いたので坂道を登るより楽でしたが、蹴上インクラインは「砂利道」で少し歩きにくいので、女性の人は履物には気を付けた方が良いでしょう。

絵を描いている人
(絵を売っている人)
南禅寺橋の手前
左手から歩道に出られる
南禅寺橋から蹴上インクラインを見た所

【追記】
 2010年3月27日の《蹴上インクライン〜南禅寺の桜・散策》【前編】【後編】も参考にして下さい。

《蹴上インクラインの散策ルート》の地図

より大きな地図で 《蹴上インクラインの散策ルート》の地図 を表示
posted by 京都情報 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴上インクラインの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116376123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々な京都情報のブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


ここで使われている写真(や文章)をHPやブログで使いたい方はコメント等からご一報下さい。普通の使い方なら「リンクの条件付き」で使ってもらって構いません。