2009年02月26日

めん馬鹿 一代《炎の上がるラーメン 950円》

『めん馬鹿 一代』の外観
『めん馬鹿 一代』の外観

「ネギラーメン」の案内文
「ネギラーメン」の案内文

 テレビ朝日系の「珍衝撃映像バラエティナニコレ珍百景」でも「危険なラーメン(燃え上がるラーメン)」として紹介された「ネギラーメン(950円)」を食べに行って来ました。
 店の外にも「ネギラーメン」についての案内文が貼ってあります。 店の中に入って「ネギラーメン」を注文すると指定席に着席するように指示され、横のラーメン鉢やレジに白い布を掛けて準備を始めます。 そして、紙の前掛けを付けるように指示され、ラーメンが出てきて、お鍋で熱した特製ネギ油をラーメンに掛けると0.5〜1m位の高さに一瞬(1秒位?)炎が上がります。 炎が上げる時の写真も撮りたかったのですが油が飛ぶので手を後ろに回すように指示されたので写真を撮る事はできませんでした。 炎が消えるとラーメン鉢やレジにかけた白い布を片付けて、ゆっくりラーメンを食べます。
 スープの味は「鶏がら」で「関西風にしては少し辛い目」という感じでした。 お店の人に聞いたら「鶏がらと豚骨と魚と昆布が8種類」という事でした。 「鶏がらしかわからなかった」と言うと「鶏がらだけでは深みがないので少し豚骨を入れている」という事でした。
 「ネギラーメン」は「物珍しい」ので一度は試してみるのも面白いでしょうが常連さんは普通のラーメンを食べているようで「普通のラーメン(650円)でも十分美味しい」のかも知れません。 個人的な評価としても90点くらいで「他の行列のできるラーメン屋」と比べても遜色はないと思います。 店の場所はこの辺です。

テーブル16席、カウンター8席

店内(鉢を白い布で覆う)

negi_before.jpg negi_after.jpg
炎が出る前のラーメン

炎が出た後のラーメン
見ただけでは変化はない?
麺はやや細い目(焼豚も美味しかった)

negi_tenai6.jpg
白い布の覆いを片付けた後の店内の様子

《京都のラーメン屋さん》の地図

より大きな地図で 京都のラーメン屋さん を表示


posted by 京都情報 at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事処(ラーメン屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック