2008年12月19日

いつもと違う風景(橋の下の住人)

丸太町橋

 「いつもと違う事をすると今まで気が付かなかった事に気が付く」という話しを聞いたので、250円弁当を買って鴨川の河原でお弁当を食べてみる事にしました。 少し寒かったですがジョギングをしている人がいたり、犬の散歩をしている人がいたり・・・という感じでした。

鴨川の河原

 丸太町橋の橋の下にベニヤ板やビニールシートで作った簡易ハウスが数軒ありました。窓や扉のあるものから骨組みとビニールシートだけの簡単なものまでありました。 「橋の下」は今でも「ホームレス」の住家になっているようです。
 簡易ハウスの住人と顔を合わす事はなかったですが、中からテレビかラジオの音が聞こえてきたり、外に椅子やお鍋などが置かれていて生活のにおいがしました。

橋の下の簡易ハウス 簡単なビニールハウス
橋の下の簡易ハウス

簡単なビニールハウス

 「この絵を5万円で買って下さい。今月中にお金が必要になりました。」という張り紙があり、「色々な人生があるだろうな〜」と少し考えました。
 今までと少し違う事をして、今までと少し違う風景を見た1日になりました。

外にお鍋や椅子 「絵を買って下さい」の張り紙
外にお鍋や椅子

「絵を買って下さい」の張り紙



posted by 京都情報 at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街角ウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。