2008年07月16日

今晩は宵山(2008.7.16)

宵山の長刀鉾

長刀鉾を反対から見た所

 今晩は祇園祭の宵山です。 宵々々山、宵々山、宵山と3晩、鉾や山が組み立てられている京都の中心部は歩行者天国になりますが、宵々山の昨日、夕立が降った事もあり、宵山の今日は雨の心配もなく、凄い人出でした。

 かなりの写真を撮ったのですが、夜なので、しっかりとカメラを固定して写さないと、手ぶれで使い物にならない写真が多くありました。
 立ち止まって、ゆっくり撮影したいのですが、凄い人で立ち止まると渋滞が起こるので立ち止まれない雰囲気でした。

 建物から長刀鉾に渡り廊下が渡されていて、誰でも長刀鉾の中に入れるという事なので入ってみました。
 子供の頃、招待券で鉾の中に入った事はありますが、長刀鉾では入場券を買って入るのかと思って入り口を覗いていると「売店で何か買えば入れます」と説明されたので500円の手拭いを買いました。

長刀鉾に渡る渡り廊下

長刀鉾に渡る建物の中の様子

 建物の中に入ると30人位ならんで待っていました。 女性は渡り廊下の手前から鉾を見るだけで鉾の中には入れないそうです。 渡り廊下にも人がならんでいて、順次、鉾の中に入って行きます。

建物の中から長刀鉾を見た所

渡り廊下の中央あたりから見た鉾

 鉾の中に入ると広さは4畳半もないでしょうか?  その中で「コンコンチキチン」と演奏する人が10人位入っているので、お客さんは10人も入れないです。ならんで待っている人もいるので、特にせかされる事もないですが2〜3分しか中にいないようです。

長刀鉾の中の様子「中は狭いです(笑)」



posted by 京都情報 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 7月のお祭や行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。